KATO SHOTEN

加藤商店のルーツ

「加藤商店」は昭和11年(1936年)北山酒造を独立した、祖父・祖母により、今の表通りに創業。昭和11年と言えば、二・二六事件が起きたり、国会議事堂が建設された年でもあります。
当時は味噌、醤油の販売から始まり、昭和16年から始まった第二次世界大戦中は祖母が配給など、お店を切り盛りしていました。
昭和25年には酒・たばこ・塩などの販売権を取得し、店舗を改装しました。

昭和11年創業当時の姿。まだ扱う商品も少なく、シンプルな佇まい。

昭和30年有限会社加藤商店を設立、雑貨やパン、アイスクリームなど、それまでの取扱商品を大幅に拡大。現在で言う所のコンビニエンスストア的な存在に。昭和40年代に入り、現在の代表三代目である私たち兄弟が誕生。
世界は原油価格の上昇によるオイルショックに。昭和56年になると二代目の父が代表取締役となり、市内の配達業務を拡大しました。

酒やタバコ、塩など商品も増え、店構えもだいぶ賑やかに。たばこの看板は当時の野球少年達の的になったとか。

祖母と父。店頭には大量に積み重ねられた缶詰が見える。

TOP